> SDGsの取り組み


SDGsの取り組み

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

・SDGsの詳しい情報はこちらからご確認ください。⇒外務省HP

ライフプラザNEOの取り組み

私たち株式会社ライフプラザNEOでは、このSDGsの趣旨に賛同し 、私たちが出来る事から、少しづつ活動しており、現在では4つのアクションで貢献させていただいております。

1.貧困をなくそう

保険相談を通じてお客さまの資産を守る

しっかりとお客さまのご意向をお聴きし、お客さまの人生のパートナーとして選んでいただけるように、従業員が相談会の質を高められる環境を整備し、お客さまの大切な資産やご家族を守り続けます。

また、一社専属でなく、各保険会社の生命保険・損害保険を取り扱うことにより、お客さまの大切な資産を守る価値を幅広く社会に提供し続けます。

収益の一部を社会貢献のために寄付
日本赤十字社への募金活動

同社が実施する人道支援事業への支援として募金を行い、活動支援を行っています。

国連UNHCR協会への寄付活動

金銭面での援助を通して難民を支援し、飢餓・貧困を世界から無くす運動に参加しています。

赤い羽根共同募金への寄付活動

障がい者が働く施設や保育所・自動養育施設の活動を支援しています。

2.すべての人に健康と福祉を

健康経営の推進

健康診断の受診や生活習慣病に関する呼びかけ等の情報発信を行い、従業員の健康リスクの早期発見をサポートします。

健康企業宣言を周知することで、従業員の意識を高め、健康経営を推進していきます。

国境なき医師団への支援活動

収益の一部を寄付し、命の危機に瀕した人々への医療活動を支援しています。

3.質の高い教育をみんなに

お客さまへの金融リテラシーの提供

保険以外の金融リテラシーも学べる機会・環境を従業員に提供することにより、経済的な安心と安全を高いレベルでの実現できる社会づくりに貢献します。

公益社団法人交通遺児育英会への支援

ほけんの窓口グループ全体で交通遺児の修学を支援し、交通事故撲滅に向けた活動を応援しています。

4.平和と公正をすべての人に

コーポレートガバナンス

FD宣言(お客さま本位の業務運営方針)を掲げ、コンプライアンスを徹底し、保険募集の適正さを守ります。持続的な価値創出の経営基盤を構築していきます。

店舗への情報共有を密に取り、コンプライアンスを徹底することにより、反社会的勢力との関係を排除し、持続的な価値創出の経営基盤を構築していきます。

構成員契約・関係法人契約規制の徹底

構成員・関係法人契約についてのルールを遵守し、安全・公正な募集活動を行っています。

より高い金融リテラシーサービスを

店舗へ寄せられたお客さまの声を集計し、店舗のサービス向上を目指し、持続的にお客さまに選んでいただけるの価値を提供し続けます。